各種比較いろいろ

アマチュア無線 各種比較

コストや機能などなど色々比較してみました。

開局手続き及びその他費用

DMR機の申請時、久しぶりに保証認定を受けました。手続き毎に費用が掛かったので、実際のところ、いくらなんだろうと思い調べてみる事にしました。

試算条件

これからアマチュア無線の資格取得を目指すヤングハム想定で試算してみました。

  • アマチュア無線の資格は未取得で、18歳以下
  • 第4級アマチュア無線技士をJARD講習会で取得する
  • 開局は、デジタル対応の144/430MHzデュアルバンドハンディ機またはモノバンド機1台(機種は ICOM ID-31plusまたは、YAESU FT-70D 想定)
  • JARLは未加入(加入する場合は、入会金1,000円と年額7,200円の増)
  • 個人的にデジタル簡易無線、ライセンスフリーラジオも興味があるので、参考までに調査してみました(機種は ICOM IC-DPR6 想定)

試算結果

技術適合機種のD-STAR / C4FMの方が安いと思っていたのですが、DMR機の方が安い試算結果が。試算結果に誤りがあるようでしたらば、twitterまたはブログコメント欄にてご連絡ください。

開局手続き費用比較
アマチュア無線 <参考>デジタル簡易無線 備考
D-STAR or C4FM DMR 中華ハンディ(Analog) 登録局 5Wハンディ機
従事者免許費用 7,750円 7,750円 7,750円
無線機費用 約26,000円 約15,000円 約4,000円 約30,000円
開局免許申請費用 2,900円 2,900円 2,900円 1,700円 ※1
JARD保証料 4,000円 4,000円
電波利用料(年額) 300円 300円 300円 600円
合計 約36,950円 約29,950円 約18,950円 約32,300円
※1 登録申請費用を記載
とちぎBS140をフォローする
とちぎBS140 アマチュア無線でFreeDV / NXDN / DMR / dPMR