MD-380 オペレーション例

注意事項

アマチュア無線機を使用するには、無線従事者資格及び無線局免許が必要です。業務用途に使用することはできません。チャンネル設定を行う周波数はアナログモードでも利用されています。電波はルールを守って正しく使いましょう。

以下の内容は、MD-380の免許申請が済んでいる方向けです。保証認定取得方法などは触れません。

YAESU C4FM機のような、アナログ/デジタルの自動切替 AMS(Automatic Mode Select)は実装されていません。デジタルに切り替えてしまうと、アナログが全く聞こえないのでBUSY LEDを注意深くチェックしておきましょう。また、アナログへ切り替えられるように工夫する事をオススメします。

近所に通話相手がいないと当局のような状況に陥りますのでご注意ください。フレンド局を巻き込んで利用される事をお勧めします。

本説明は、とちぎBS140 がシンプレックス通信実験時のオペレーション例になります。各自工夫しながらシンプレックス通信を楽しんでください。

ゾーン設定例

とちぎBS140所有のMD-380には、以下Zone設定を作り運用時はチャンネルダイヤルを回すだけ済ませています。

CQの例

アナログのCQと同じく、目次に記載の流れで行っています。

気を付けている点は、地上高のある場所からの運用が続いていたので、待機時にBUSY LEDが点灯したり、通話時に被りが確認できた時には、すぐに別のチャンネルに移動しています。

他の通信への混信や妨害を与えると言うのもありますが、デジタル信号が復調できずに通話跡切れとなってしまうため、できる限り電波環境が良い状態に切り替えています。

サブチャンネル(アナログ)の選択

まず、アナログで登録チャンネルを選択し、しばらく聴取をします。使ってい無さそうであれば、アナログモードで混信や妨害を与えていないか確認を行います。

この時、「使ってるよー」と返ってくるようであれば、別のアナログチャンネルを選択し、聴取します。

今回は、ch6(433.34MHz)が使っていないようだったので、CQを出すことにします。

デジタルメインチャンネルを選択し CQ DMR

デジタルメインチャンネルは、ch2(433.30MHz)に登録をしているので、ダイヤルを回してch2に切り替えます。

「 CQ CQ CQ こちらは (自局のコールサイン) XX県XX市です。次回、433.34 DMRモード コンタクトID 9 にてコールします

DMRであること、コンタクトIDは何番になるかをアナウンスするようにしています。

サブチャンネル(デジタル)に戻り CQ DMR

デジタルメインチャンネルでCQを出したら、サブチャンネル ch5(433.34MHz)にダイヤルを回して戻ります。間違ってアナログで登録したチャンネルに戻らないようにしましょう。

「 CQ CQ CQ こちらは (自局のコールサイン) XX県XX市です。どちらかお聞きのDMR対応局いらっしゃいましたらばコールお願いします どうぞ 」

大抵、応答が無いので、BUSY LEDを凝視しています。アナログと違い、スケルチを開けたとしてもホワイトノイズも聞こえません。無音です。

3回位、CQを出して反応が無ければ、またデジタルメインチャンネルに戻ってCQ DMRとコールします。

アナログメインチャンネルを選択し CQ DMR

応答が無い事に慣れてきたら、アナログメインチャンネル ch1(433.00MHz)に、ダイヤルを回して切り替えます。

「 CQ CQ CQ こちらは (自局のコールサイン) XX県XX市です。次回、433.34 デジタルモード DMR コンタクトID 9 にてコールします

デジタルメインチャンネルでのCQと同じで、デジタルモードの DMR であること、コンタクトIDは何番になるかをアナウンスするようにしています。

サブチャンネル(デジタル)に戻り CQ DMR

アナログメインチャンネルでCQを出したら、サブチャンネル ch5(433.34MHz)にダイヤルを回して戻ります。間違ってアナログで登録したチャンネルに戻らないようにしましょう。

「 CQ CQ CQ こちらは (自局のコールサイン) XX県XX市です。どちらかお聞きのDMR対応局いらっしゃいましたらばコールお願いします どうぞ 」

本来ここで応答があってほしいのですが、大抵CQを出し終えると、 BUSY LEDが点灯し、音声が聞こえない事象に遭遇します。理由は次の項にて。

サブチャンネル(デジタル or アナログ)で応答

以下の何れかが発生していると思われます。過去遭遇したパターン

アナログモードで呼んできている。

    • チャンネルのダイヤルを回して、ch6(433.34MHz)に切り替えて呼ばれているか確認しましょう。

コンタクト ID不一致

    • コンタクト ID不一致により受信できない旨をアナウンスします。(発生理由は、別途説明)

信号レベルが復調できるまで上がってきていない

    信号が復調できない事をアナウンスします。

とちぎBS140をフォローする
とちぎBS140 アマチュア無線でFreeDV / NXDN / DMR / dPMR